どの企業でも深刻な問題の「人出不足」。

経済の活性化にはパートさんの活用が必須です。
経済の活性化にはパートさんの活用が必須です。

パート店長が今後増えていく

どの企業でも深刻な問題の「人出不足」。少子高齢化の中ますますこの状況は深刻な問題とされています。また正規雇用と非正規雇用の割合もほぼ同じ水準になっていくことも懸念さえています。また家庭の事情で転勤ができなかったり、親の介護の為故郷に戻るなど正規雇用の社員にも多くの制約があるなか、企業は都合の良い人材を確保していくために給与水準を上げて採用活動をしています。

しかし零細企業や地方のチェーン店などは人件費が上がることで、収益を圧迫し経営自体の基盤が揺らいでしまう状況も危惧されます。このような状況で今後期待されるのは、地域に根付いたパートさんやフリーの方のローカル社員制度などです。企業によって呼び名やニュアンスは違いますが、地元のパートさんやアルバイトの方を正規社員として雇用して、地域の店舗や事業所の店長や社員として働いてもらうことです。

このような方はなんだかの事情で転勤や移動はできないですが、その分長くその地域での雇用が期待できるメリットがあります。またナショナルの正社員と違い、ローカル社員としての雇用なので、通常の人件費よりも安く雇用することができます。また働く側としても福利厚生や賞与面でもとてもメリットもある制度です。このような制度を活用することで、良い人材の確保と人出不足を解消していくことができれば、お互いのメリットにもつながります。

Copyright (C)2018経済の活性化にはパートさんの活用が必須です。.All rights reserved.